Beats pill+(ビーツ) ワイヤレススピーカー レビュー

周辺機器・アクセサリ
スポンサーリンク

こんにちは!Dai(@daith31)です。

以前から気になっていたワイヤレススピーカー「Beats pill+」(ビーツ)が届きました。

さっそくレビューします。

Beats pill+について

Beats pill+はアメリカのオーディオ機器ブランドメーカー「ビーツ・エレクトロニクス」から製造されているワイヤレススピーカーです。

管理人
2014年にアップルが買収したことにより、デザインがよりスタイリッシュになっています。

仕様

  • 高さ:6.36cm
  • 長さ:21cm
  • 幅:6.92cm
  • 接続と拡張性:3.5mmステレオジャック
  • 電源:バッテリー電源、充電式リチウムイオン

外観

まずは箱から


アップルが買収しただけあって、箱のデザインがオシャレ。

箱の中身は


同梱物は以下の通り。

  • スピーカー本体
  • 1.5m Lightning USB-Aケーブル
  • 12.5W 電源アダプタ
  • 収納袋
  • 取り扱い説明書
  • 保障カード

スピーカー本体


とてもシンプルなデザイン。中心の周りがゴム素材なのでキズに弱そう。


背面はLightning USB-Aケーブルで充電できるようになっています。

使用してみた感想

音質について

値段相応以上に良い音を出してくれます。

低音が強調されているBoseのSoundlink miniと違い、とてもクリアで素直な音質です。

逆に低音重視の方にはむいてないスピーカーといえます。

クセがないので色んなジャンルの音楽で聴けるのがいいですね。

操作性


ボディの上部に操作ボタンが設置されていて、シンプルで使いやすいです。

電源ボタンを押すと、特徴的な効果音がおもしろい。

Lightning USBケーブル対応しているのが何かと便利


iPhone・iPadとの相性がとても良い。

アウトドアで、iPhoneの充電器を忘れた場合、このスピーカーがあればiPhone・iPadを充電してくれます。

スピーカー本体は電源アダプタで充電出来ますが、MacのUSB端子からも充電ができるので何かと便利です。

管理人
いざって時は充電器の役割もしてくれるのは結構ありがたい。

専用のアプリで色々できる

専用のアプリで「増幅・ステレオ・DJ」の設定ができる。

ただし、これらの設定はBeats pill+2台で接続する条件が必要。

アプリはこちらからダウンロード出来ます。

まとめ

メリット

  • クリアで綺麗な音質
  • 操作がシンプル
  • iPhone、iPadの充電器にもなってくれる
  • 専用アプリで色々できる

デメリット

  • 低音のパワーある音には向いてない
  • ボディはゴム素材が使われているのでキズに弱い
管理人
Appleとの相性が良いので購入して正解でした。

 

スポンサーリンク