Amazon Dash Button「アマゾン ダッシュ ボタン」 レビュー

Amazon
スポンサーリンク

こんにちは!Dai(@daith31)です。

日用品の買い物はドラッグストアもしくはネット通販をみなさん利用されていると思います。

特にAmazonはプライム会員になると、最短で商品を届けてくれるサービスが魅力です。

そんなAmazonの面白い商品「Amazon Dash Button(アマゾン ダッシュ ボタン):以下Dash Button」についてレビューします。

Amazon Dash Buttonとは

商品を注文できる小さなIoT機器

WiFi接続機能と押しボタンを搭載したIoT(Internet of Things:モノのインターネット)機器のひとつです。

ボタン一押しするだけで、指定の商品を注文確定し最短で届けてくれます。

今回、僕は「天然水」と「野菜一日これ一本」のAmazon Dash Buttonを購入しました。

IoT機器とは

以下ご参考に。

モノのインターネット(英語: Internet of ThingsIoT)とは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。それによる社会の実現も指す。「物のインターネット」と表記された例もある。現在の市場価値は800億ドルと予測されている。

出典元:ウィキペディア「モノのインターネット」

あらゆる「モノ」がインターネットに接続されるということですね。

例えば照明の「PHILIPS hue:フィリップス ヒュー」もIoT機器です。

管理人
IT技術の成長スピードは凄まじいです。

仕様

仕様は以下の通りです。

  • 商品の種類:天然水、野菜一日これ一本
  • 電源:1.5V単4バッテリー
  • ワイヤレス:WiFi(2.4GHz)
  • 動作温度:0〜35℃
  • その他:背面は粘着テープ、取り付けフック

*バッテリーは充電が切れた場合は、本体ごと交換になるようです。寿命は数年ほど。

外観

パッケージ

可愛らしいデザインです。

同梱物

同梱物は以下の通りです。

  • 本体
  • 取扱説明書

準備と設定

準備

設定に必要なのはWi-Fi機器とAmazonショッピングのアプリです。

アプリは以下からダウンロードできます。

 

設定

AmazonショッピングとDash Buttonの設定を行います。

詳細は【1】〜【17】を参考に。

  • 【1】アカウントサービス
  • 【2】端末を管理
  • 【3】新しいDash Buttonをセットアップ
  • 【4】同意して開始
  • 【5】Dash Buttonを長押ししてから接続
  • 【6】接続中画面が表示される
  • 【7】自身のWi-Fiネットワークを選択
  • 【8】パスワードを入力
  • 【9】次へ
  • 【10】通知を有効にするかしないかを選択(個人的には有効化することをオススメします)
  • 【11】ボタン一押しで注文確定する商品を一つだけ選択
  • 【12】商品を届ける住所を設定するので赤文字を選択
  • 【13】商品を届ける住所を選択
  • 【14】決済方法を選択
  • 【15】続行
  • 【16】選択
  • 【17】セットアップを完了

使用してみた感想

注文操作が簡単

めちゃくちゃ簡単です!

注文したい商品のDash Buttonのボタンを一押しするだけで、注文が確定されます。

確定されると同時に通知メールが届き、配達日が分かります。

通知メールから注文をキャンセルすることもできます。ただし、キャンセルは100%保証されるものではないので、キャンセルする時は早めにしましょう。

管理人
水とか重たいものを注文するのに便利ですね。

どこにでも配置できる

背面は取り付け用の樹脂が付いており、どこにでも配置することができます。

樹脂の粘着が結構強いので、壁紙には配置しないほうがいいです。

僕はデスクにこのように配置しています。

重複注文を防止できる

一度、商品の注文が確定され家に届くまでは何度押しても一回分の注文しか受け入れてくれません。

設定で重複注文防止を解除することもできます。

Dash Buttonは実質無料

Dash Buttonは一つ¥500ですが、初回注文に限り¥500値引きしてくれます。

使用するには条件がある

Dash Buttonを使用するにはプライム会員(年間:¥3,900)のみ限定されます。

Amazonファンのみってことですね。

注文価格はお得とは言えない

他社との価格競争では、お得とは言いづらいです。

しかし、自宅で出かけることなく、手間かけずにワンプッシュで簡単に注文できてしまうのがDash Buttonの魅力。

外出する時の交通費削減、買い物する時間を短縮できるとなると、使い方次第ではお得と言える場合もあります。

注文商品の価格競争はAmazonの今後の課題と言えるでしょう。

まとめ

こんな方にオススメ

  • プライム会員の方
  • 手間暇かけずに簡単に日用品を購入したい
  • 決まった商品を定期的に購入したい

チェックポイント

  • 注文商品価格はお得とは言いづらい
  • 利用するにはプライム会員になる必要がある
管理人
今後は注文できる商品も増えてくるかなと感じます。
スポンサーリンク